ネイルスクール卒業後の進路と求人情報

将来ネイルサロンを経営したいと思っている人も、ネイルスクールを卒業後はまずネイルサロンに就職することをおすすめします。ネイリストの求人は主にネイルサロンや美容院です。サロンに勤めながらネイルスクールで会得した技術を向上させることはもちろん、個人経営する際に必要な営業力を身につけることが大切です。お客様の希望するネイルや好みをしっかり把握して施術ができるように、対人力や会話力なども身につけなければいけません。このように様々な経験を積み、独立するまでに自分を指名してくれるような顧客が付いていることが理想です。顧客を獲得できれば、独立後の経営にも希望を持つことができます。
ネイルには国家試験はまだ存在していませんが、資格・技能検定試験は3種類あります。試験の内容はそれぞれ異なりますが、就職の際にネイルの技術力や知識を判断するための重要な規準となることが多いです。また、独立の際にも資格を取得しているのと取得していないのとでは、お客様の感じ方がずいぶん変わってきますので、ぜひ取得しておきましょう。卒業後のことを考え、在学中からしっかり将来を見据えて計画的に資格取得をしていくことをぜひおすすめします。

ネイルスクールを卒業後の就職先は、インターネットの求人サイト・求人雑誌・フリーペーパーの他、ネイル専門誌やネイルスクールでの募集などでも探すことができます。求人サイトでは勤務地や雇用形態のほか、勤務時間や待遇、休日や応募資格など細かく情報を得ることができるので、後から後悔することがないようにしっかり確認しておきましょう。ネイリストの平均給与は、初任給なら約15~20万円程度、アルバイトなら時給700~800円程となっています。ネイリストとしての経験の有無やどんな資格をどれだけ持っているかで、給与や待遇が変わることもよくあります。
サロンや美容院に就職して働く他に、自分でサロンを経営したりフリーのネイリストとして働くこともできます。フリーのネイリストとは、結婚式場や美容院などから直接依頼を受け、出張施術を行うネイリストのことです。頑張ればその分が全て自分の収入となるのでサロンや美容院に就職するよりも高収入となる場合もありますが、経験の少ないままでは顧客を獲得するまで苦労することが多いでしょう。ネイリストはやる気があれば様々な働き方ができる職業ですが、やはり最初はどこかに勤め、顧客を獲得してから独立することがおすすめです。

ネイルスクールに通うなら、サンミーゴ(大阪・神戸)